ペット保険比較.net > ペット保険の保障制度について

ペット保険の保障制度について

近年ペットが家族の一員として扱われるようになり、ペット保険の需要が徐々に増えてきています。

ペット保険の保障制度について

ペット保険に加入できるペットの主な種類は、犬や猫ですが、最近では、鳥、うさぎ、フェレットなどの保険を扱う業者も出てきています。

ペット保険業者によって違うので加入の際は、確認する必要があります。

ペット保険の保障は、通院した時の医療費を払ってくれる通院保障、手術をした時に支払ってくれる手術保障、入院した時に支払ってくれる入院保障などが主な医療保障です。

他にも損害補償なども用意しているところもあるようです。

ペット保険の保険金の支払い金額を決める方法は3種類あります。

定率タイプは支払う率が決まっていて一部の金額を負担してくれます。

実額タイプは上限はありますが、全額支払ってくれます。

定額タイプは、通院や入院の時にいくらと金額が決まっていて、その決まった金額が支払われます。

どの支払いタイプになるかは、加入した保険によって違います。

ペットは、健康保険がありませんから、ちょっと動物病院で治療をしたり手術したりすると思った以上の金額がかかることがあります。

その治療費の負担を軽減してくれるのが、ペット保険です。1回の手術代が数十万したりするので、そのことを考えると月々の2~3千円は安いのかもしれません。

ペットが動物病院に通院する病気の多くは、若いころは下痢、皮膚病、胃腸炎などが多く、年老いてくるとガン、心臓病などの病気が多くなります。

このようなに長期にわたって治療する病気を考えると、ペット保険に加入しておくとお得なのかもしれません。

家族の一員のようなペットですが、動物ですから、完全に人間が理解しているとはいえません。

もしかして、突然他人に噛みついてしまうことがあるかもしれません。

そのような時には損害補償が役に立ちます。

お見舞い金を支払ってくれるペット保険もあります。

また、ペットに危害を加えてくる人がいるかもしれません。

そのような時に、ペット保険に加入しておけば、経済的な心配をせずに動物病院に連れていくことができます。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険の対象動物はうさぎやフェレットも

犬は生まれて1年で、人間でいう20歳ぐらいの年齢になるといわれています。 その後・・・