ペット保険比較.net > ペット保険の加入審査について

ペット保険の加入審査について

ペットの中でも多く飼われている犬や猫は、老犬・老猫と呼ばれるようになる8歳ぐらいになると、人間のように病気をするペットが増えてきます。

ペット保険の加入審査について

長生きになってきているペットは、人間と同じような病気をします。

高齢になってくると増える病気が、ガン、心臓疾患、痴呆、白内障などです。

高齢になってくると、動物病院で診察を受ける回数が多くなってきます。

ペット保険は、加入する時の入会金、や加入したあとには、掛け金や年会費、保険会社などによっては月会費などの費用がかかってきます。

ペット共済は、保険会社とちがい共済事業なので、ペットクラブが設けられています。

加入するとペットクラブ会員にならなくてはいけません。

クラブ会員には、いろいろなサービスが受けられるような特典がついていたりします。

加入するとペット保険業者で加入審査が行われます。

年齢や条件に一致しているかなどの審査が行われ、加入審査に合格すると、待機期間になります。

この期間ではまだ保障されていません。

そして、待機期間が終了すると保障期間が始まるような流れで保険が適用されるようになるのです。

ペットも高齢になってきますと、いろいろ病気しがちになる場合があります。

病気を未然に防ぐために、ある程度の年齢になりましたら、健康診断などを行いペットの健康状態を把握しておいたほうがいいでしょう。

万が一、ペットが病気などになってしまったら、病気などの治療費は思った以上にかかります。

ペットは健康保険制度がありませんから、治療費などの支払いの補助はありません。

そこで、最近はペット保険が注目されていて加入する人も以前に比べ、増加しつつあります。

ペット保険に加入するときには、年齢や健康状態などの加入審査が行われる場合があります。

たとえば年齢の審査では、anicomでは、犬や猫は新生児~大体11か月まで、鳥やウサギ、フェレットでは新生児~5歳11か月までと加入年齢の制限があります。

ペット保険を検討するときのチェックポイントはペットの加入年齢制限はどうか、犬猫以外の場合ペットの種類、ペットが他人に怪我を負わせたり、他人のものを壊したりしたときの損害保障がついているか、掛け捨てかどうか、保険対象外にはどんなものがあるか、健康割引や無事故割引などの優待制度があるか、になります。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険加入のチェックポイント

最近は、ペットは家族の一員やパートナーとして一緒に生活しています。 このペットが・・・