ペット保険比較.net > ペット保険の年齢制限

ペット保険の年齢制限

人間は、健康保険制度がありますから、病気や怪我で治療した場合健康保険から補助がでて、診察代や治療費の支払の負担はそんなに重くありません。

ペット保険の年齢制限

しかし、ペットは人間のような健康保険制度がありませんから、病気や怪我で動物病院で治療した場合、診察代や治療費の支払の補助はなく、全額自己負担となっています。

全額自己負担ですから、一回の支払は人間と比べると高くなる場合が多いのです。

そのため、ペットの飼い主の支払負担を軽減させるためにあるのが、ペット保険です。

ペット保険は、ペットが病気や怪我で動物病院で受診した場合の診察代や治療費などの医療費を、保険会社や団体が支払の一部を負担してくれるるものです。

飼い主の負担が楽になります。

どの種類がペット保険の対象になるのか、、どの病気や怪我がペット保険の対象になるのか、何歳から何歳までペット保険に加入できる年齢なのか、掛け金の金額や、掛け捨てなのかどうか、などの条件は、ペット保険会社や団体によって違いますから、加入するときには、確認しておかなければいけません。

ペット保険はいろいろな種類がありますが、違いは、保険金の掛け金や保障額だけでははく、病気や処置、手術の内容によっても、違いがあります。

治療費の大体は、最高で50~70%ぐらい保険で保障がされます。しかし、病気や処置、検査によって対象外になる保険もありますので、選ぶ際には注意が必要です。

東京都が公表したペットに関する調査報告書によりますと、2001年、全体の約半数が1年間に1回以上動物病院に行ったとの報告があります。

また、動物病院への年間の支払金額も犬で5万1592円、猫で3万5226円と思っていた以上に高額です。

飼い主がペットの医療費に経済的な負担がかからないように、ペット保険に加入を検討しておいたほうがいいでしょう。

ペット保険に加入しておけば、いざという時に、経済的な面を気にせずに動物病院にいけ、治療ができるでしょう。

ペット保険はこのようなときに力強い味方になってくれるものなのです。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険の悪徳業者にご注意を!

ペット保険は、保険機構として運営されているわけではないので、契約者は保護されてい・・・