ペット保険比較.net > ペット保険の補償内容

ペット保険の補償内容

ペット保険は、主に4種類の保障があります。

ペット保険の補償内容

医療保障は、ペットが病気や怪我で入院や通院したときに保険金が支払われます。

死亡保障は、ペットが死亡したときに保険金が支払われます。

ガン保険はペットがガンと診断されたときに保険金が支払われます。

賠償保障は、ペットが他人に噛みついて怪我をさせたり、他人のものを壊してしまったりしたときに保険金が支払われます。

ペット保険に加入する際には、加入条件も確認する必要があります。

加入できる動物は、基本的に犬や猫になります。

しかし、保険会社によって、小動物(鳥、うさぎ、フェレットなど)も加入できるものもありますが、動物の種類によって限定されていたりするので、確認が必要です。

また、年齢制限もあります。

生まれて数か月のペットは、ワクチンの接種が義務付けられています。

健康状態が不安定だったり、免疫ができていないためです。

基本的には、ペット保険に加入する際、告知書のみで加入できる場合がほとんどですが、高齢のペットは、病気になりやすかったり、すでになっている可能性があるので、獣医師の健康診断書を提出しなくてはならない場合もあります。

また、保険によっては、高齢で加入できない場合があります。

日本のペット保険は、実際に加入しているペットはまだまだ少ないのが現状です。

新しくペットをペットショップなどで購入する場合、ペット保険を勧められ加入する人が増えていますが、すでにペットを飼っている飼い主の多くは、ペット保険の加入をとまどっています。

国民生活センターや全国の消費生活センターへの問い合わせをみてみると、ペット保険の詳しい情報がほしいというようなものが増加しているようです。

この問い合わせから、まだまだペット保険の認知度が低いということがわかります。

ペット保険に加入する際、保障の内容をしっかり確認しておきましょう。

資料やパンフレットを読んだり、専門家に相談しておくことが必要です。

飼い主が保険金が支払われると思っていても、実際には、支払われないこともあるからです。

ペット保険を選ぶ前には加入条件、給付金の申請や支払い、免責事項をちゃんと確認する必要もあります。

ペット保険の中には、保険料のほかに、入会金、年会費、月会費がかかるものも多くあります。

このような支払いした保険の多くは、獣医師への相談窓口サービスや、ペットホテルの紹介、会員の特典などを利用できるものもあります。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険の対象動物はうさぎやフェレットも

犬は生まれて1年で、人間でいう20歳ぐらいの年齢になるといわれています。 その後・・・