ペット保険比較.net > ペット保険の役割

ペット保険の役割

ペットを飼っている人ならば、ペット保険の加入をするかどうかを一度は考えるのではないかと思います。

ペット保険の役割

昔は、犬は10歳ぐらいが寿命でしたが、現在は13~14歳ぐらいまで寿命が延びているといわれています。

家族の一員でかけがいのないペットは、どんどん高齢化しているのが現状です。

ペットの飼い主ならば、病気などせずに、寿命をまっとうしてほしいと願うのが普通です。

話すことができないペットの健康状態を理解するのは難しいです。

また、ペットと人間の関係が密になってきた現在、ちょっとしたペットの変化などで心配な時など、すぐに動物病院で診てもらえると安心します。

しかし、動物病院で診察してもらうと、思っていた以上の医療費がかかる場合があります。

ペットの医療費は保険がないから経済的負担が大きいといった不満や、ペットへの保険の適用を望む声が上がってくるのは当然のことでしょう。

ペット保険の役割は、家族の一員であるペットに万が一病気や怪我をした時に、飼い主の経済負担を軽くし、なおかつペットの命を守ってくれることです。

ペット保険は、国による許認可事業になるのに対し、ペット共済事業は飼い主らによるクラブ、サークル活動的なものといえるでしょう。

ペット保険会社の多くが、インターネット上でいろいろな情報を掲載しています。

事業規模やサービスの内容、提携病院や病院数などのデータを事前に確認しておく必要があります。

ペット保険でも保障の対象外になる場合があります。

いわゆる免責です。

一般的に避妊手術や去勢手術は保障対象外になっています。

また、ガンなど特定の病気については免責期間などを設定している場合もあります。

大抵どの保険でも、免責事項があるので、確認しておきましょう。

日本初のペット保険はアリアンツです。ペット保険業界でも世界最大級の実績を誇っています。

家族の一員となっている大事なペットが病気や怪我で動物病院で治療を受けた時の治療費用を幅広く保障しています。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険の医療費と費用

犬や猫などのペットが病気や怪我になった時に、動物病院に支払う治療費などは、意外と・・・