ペット保険比較.net > ペット保険の医療費と費用

ペット保険の医療費と費用

犬や猫などのペットが病気や怪我になった時に、動物病院に支払う治療費などは、意外と高額になります。

ペット保険の医療費と費用

人間の治療費などは、健康保険制度が充実していますから支払う医療費はごく一部での自己負担で済みますが、ペットの場合の医療費は全額自己負担となっています。

ですから、ペットの医療費は家計の大きな負担になることもあります。

相互扶助の精神にのっとって作られたペット保険は、人間の生命保険や損害保険のように、法律に基づいて認可された事業所のみが取り扱っていません。

ペット保険に加入する際は、ペット保険の給付額や通院日数に関しての制限がありますから、よく確認することが必要です。

また、保険会社や加入するペットによっても色々違ってきますからこちらもあわせて確認することが大切です。

ちなみに、イギリスのペット保険加入率は約15%といわれています。

医療技術が進歩し、高齢まで生きるペットが増えてきています。

ガンや白内障、痴呆などといった人間とおなじような病気になってしまうペットが増加しているようです。

治療が長引くケースが増えており、医療費がどんどんかさんでしまうこともあります。

ペット保険はそんな時など、万が一の場合に備えておく保険です。

ペット保険の内容は、動物病院での通院、入院代、手術代、去勢、避妊手術、または予防接種などにかかわる費用が保障されており、人間の健康保険とほとんど変わりがありません。

例えば、通院保障ですが、ペット怪我や病気などで、動物病院に通院した時に対して、保障してくれます。

ペット保険が負担してくれる額は、全額、もしくは一部が保障されています。

ちなみに、ペットが家族の一員として扱われるようになったことを表していることが、動物病院での呼び方です。

山田さんが飼っているポチを呼び出す時には、「山田ポチさん」というように呼ばれます。

最近の動物病院ではペットを呼び出す時に、飼い主の苗字で呼び出すことが多くなっているとのことです。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ぺット保険の加入方法

ペットにも保険があることをご存じでしたか?ペットは人間のように健康保険がありませ・・・