ペット保険比較.net > ペット保険の対象動物はうさぎやフェレットも

ペット保険の対象動物はうさぎやフェレットも

犬は生まれて1年で、人間でいう20歳ぐらいの年齢になるといわれています。

ペット保険の対象動物はうさぎやフェレットも

その後、1年で4歳づつ年齢を重ねていき、確実に人間よりも早く亡くなってしまいます。

私たちは、いつまでも元気でいて欲しい、長生きして欲しい、みんなに愛される存在になって欲しいと思い、ペットを飼っている人にとって、ペットはかけがえのない家族の一員となっています。

しかし、ペット保険はが日本に普及してきたのはごく最近で、日本ではまだまだ歴史が浅いのが実情です。

ペット保険は基本的にどの保険会社でも、犬、猫は対象になっています。

ほかに対象になるペットは鳥、ウサギ、フェレット、あるいは爬虫類などいろいろあります。

ペット保険は、病気や怪我になった時、病院での治療費や手術費用になり、また、人に怪我をさせたときのお見舞金にもなります。

ペット保険は、人間で言うところの健康保険と傷害保険を合わせたものとおなじようなものになる仕組みになっています。

ペット保険は人間の健康保険と同じように、ペットが動物病院などで治療や手術などの医療サービスを受けた時に、飼い主の支払う負担を軽くするものです。提携病院がないペット保険の場合、動物病院の窓口では全額の治療費を支払います。

後日、必要な書類を郵送などで保険団体に送付し、給付金が指定した口座に振り込まれるという仕組みになってます。

提携病院以外でも、決められた手続きを行ないますと給付を受けられることができます。ほとんどの保険業者は、この方法を採用しています。

日本では、保険会社だけの取り扱いですが、アメリカやイギリスなどでは、保険会社だけでなく、大手スーパーや銀行などもペット保険を扱っていて、日本に比べると普及率は高いです。

万が一、ペットが病気や怪我になったとき、病院の治療費は思っていたよりも高額です。

人間でも子供が誕生すると、誕生を期に保険の見直しをすると思います。

ペットも、今日では家族の一員のように扱います。

ペットが増えましたら、家族が増えるのと同じなので、ペットの保険も見直したほうがいいかと思います。

保険スクエアbang!

ペット保険比較.netは、ペット保険について解説しています。

ペット保険比較.netPICK UP!:ペット保険の医療費と費用

犬や猫などのペットが病気や怪我になった時に、動物病院に支払う治療費などは、意外と・・・